葉酸はなぜ妊活・妊娠中にいいのか?

妊婦

 

妊娠期には欠かせない栄養素として注目されているのが、葉酸です。

 

葉酸は、代謝に関りが深く、タンパク質や、核酸の合成に働いて細胞の生産や、再生を助けてくれます。
体の発育を促してくれるというわけです。

 

葉酸は、細胞が新しく作り出される場所に必須の栄養素です。
ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助けてくれる、血を作る造血ビタミンでもあります。

 

核酸

DNAやRNAのことです。
細胞の核の中にあって、遺伝情報を保存したり、遺伝情報の通りに身体をつくっていく指令を出すところでもあります。
生命の根幹と言われているところです。

 

赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や、授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。
通常では、人間に必要な葉酸の量は、1日あたり240μ?とされています。

 

妊活中・妊娠中の女性はその倍の量にあたります、1日あたり480μ?の葉酸が必要とされています。
葉酸は、赤ちゃんの健康な成長のためにも欠かせない栄養素とされています。

葉酸が不足するどうなるのか?

不足

 

妊娠しますと優先的に赤ちゃんに栄養素が母体から送られます。
妊娠前に比べますと、葉酸の消費量も2倍に跳ね上がってしまいます。

 

逆に、葉酸が不足してしますと赤ちゃんに障害を残す可能性が高まったり、流産の原因になったりしますので注意が必要です。

 

先天性障害

赤ちゃんが生まれつきもっている障害のことを先天性障害と言います。
その障害、疾患には様々なものがあると言われていて、おおよそ赤ちゃんの出生時や、1歳までの間に明らかになります。

 

妊娠初期にお母さんが葉酸を積極的に摂る事で、赤ちゃんが先天性障害になるリスクを
70%下げることが出来る言われています。

 

神経管閉鎖障害(NTDs)

赤ちゃんの脳や脊髄が作られるときに、「神経管」という器官がふさがれてしまうことで起こる障害です。
有名なものですと、無脳症、脳瘤、二分脊髄症などがあります。

 

無脳症は赤ちゃんの脳が正常に作られない病気で、高い確率で流産や死産となってしまう可能性が高いです。
これらの障害のリスクを下げるためにも、着床した瞬間から妊娠までに葉酸を積極的に摂る事が勧められています。

 

現在、葉酸は過剰摂取による疾患は認められていません。

 

必要摂取量を多少オーバーしてしまっても、葉酸は水溶性ビタミンですので、
過剰分は尿の中に排出されてしまいますので、敏感にならずに積極的に摂取していきたいですね。^^

 

ベルタ葉酸の口コミが気になるかたはコチラからどうぞ。